ジブンSTYLE

人生1度きりだからこそ満足できるものを

【月30万】4人家族で貯蓄もしてる!我が家の出費内訳を大公開

f:id:momo3782:20190321074857j:image

 

30万円の中で貯金するのは本当に大変です。

 

元々貯金が趣味だった私は、毎月「今月は貯金できるかな。」と考えることがストレスになりました。

 

どんなにストレスが貯まろうと、収入は30万円から増えることはない。

 

自分で貯金することはできない!ストレスなく貯蓄する為に、貯蓄型保険に加入しました。貯蓄もできるし死亡保険を別にかける必要もない。一石二鳥!!

 

そんな我が家の家計内訳を大公開!

 

月30万円で4人暮らし。それでも貯蓄がしたい!と思う方の役に立てればと思います。

月30万円で貯蓄を増やしたい方は最後まで読んでいただきたいです。

 

月30万円の内訳

最初にお伝えさせてください。30万円と言いましたが、書いている中で30万円と育児手当で我が家の家計は成り立っています。

 

我が家の毎月の内訳です。

  • 家賃       ・90,000円
  •  貯蓄型の生命保険・60,000円
  • 保育園料      ・・・50,000円   
  • 昼食、交通費     ・・30,000円
  • 車の保険、光熱費 ・25,000円
  • 生活費      ・ 30,000円

 

    合計      285,000円

 

娯楽費、服代等を設定している方もいますが、私はあえてしていません。

 

理由としては費用を設定したら使えると思うから月30万円で毎月服買えますか?毎月遊びに行けますか?できないですよね。

 急な出費、誕生日、クリスマスなどの時期的な出費の為に少しでも多く貯金しておくように心がけています。

 

娘たちの服は?お下がりです。

もしお下がりかなかったらメルカリで大量に入っているものを購入していると思います。

セカンドストリートなど、店舗で購入するよりもはるかに安いです。

 

また、お年玉や誕生日、家族ぐるみの付き合いなどででかけることもあります。自分たちの出費は極力抑えますが、相手が存在する場合は出費を気にしないように意識しています。(子供手当を使ってます)

 

「4人家族」生活費の内訳

月30万円で生活する為には固定費の見直しが1番大切です。

 

固定費を見直しても収入に出費合っていない。30万円以上の出費がある場合は生活費を抑えていくしかありません。

我が家の生活費はこちら

 

  • 食費   5000円/週(×4)
  • 日用品5000円/月

               =25000円(5週間の場合は30000円)

で設定しています。

 

「家族4人」食費を週5000円に抑える2つのコツ

我が家の内訳を伝えると、みんなに驚かれるのは食費5000円/週です。

 

私が5000円にする為に意識していることは2つあります。

 

  • 夕食の献立を4人で500円に設定する

毎月>毎週>毎日の出費と区切りを入れると月の食費を設定しやすいです。

500×7=3500円と調味料や朝食の買い物、飲み物で5000円を意識しましょう。

 

実際に500円でなにが作れるでしょうか?

 

500円で献立を作るポイントは作りたい献立を考えて食材を買うのではなく、安い食材で献立を立てることです。

 

鶏肉、ひき肉は安い食材なので、献立を作りやすいです。献立が思いつかない。という人は鶏肉わひき肉から考えてみてください。

 

  • いつも行くスーパーの食材価格、チラシのチェック

近所のスーパーを何店舗か回って、

肉、野菜は△△スーパーが安い。パン、魚は〇〇スーパーが安い。

となんとなく理解されているかと思いますが、

 

△△スーパー

ひき肉100g88円

ピーマン95円

ジャガイモ450g148円

 

〇〇スーパー

食パン148円

サバ4切れ295円

 

など、『普段いくらで売られているか』をチェックしましょう。

 

普段の値段がわかった状態でチラシをチェックすると、普段よりいくら安いのかまで分かります。食材をより安く買うことが『500円献立』につながります。

 

チラシをチェックして、1週間の献立を考えましょう。買い物する時に割引になっている商品もあるので、実際に買い物に行って献立が変わることもあります。

頭の中で献立を考えながら買い物することが大切です。

 

1週間分の買い物を1回で終わらせた方がいい。という人もいますが、毎日安いものは違います。

 

  • 500円で献立を考えられる
  • 1週間の買い物が5000円で収まっている

 

この2点がしっかりしていればいつ買い物に行っても問題ありません。自分に合った買い方を見つけましょう。

 

 

月30万円で貯蓄が難しいと思っている人

生活費(変動費)を抑える方法を具体的にお伝えしましたが、生活費を抑えるよりも固定費を抑える方が圧倒的に毎月の出費を抑えられます。

 

『収入が30万円でも貯蓄はしたい。』と思う方は固定費の見直しも考えましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。ツイッターでも発信しています。フォロー(@momo55362293 )宜しくお願いします。