ジブンSTYLE

人生1度きりだからこそ満足できるものを

年始早々に沖縄家族旅行

 

正月に旦那、私、娘(4歳と2歳)と沖縄に行ってきました。めんそーれ!

f:id:momo3782:20190125004845j:image

正月の沖縄について見て聞いて体験したことをそのままお伝えしたいと思います。

 

 

正月の沖縄

気候、服装は?

f:id:momo3782:20190125080854j:image

沖縄の1月の平均気温は最高気温が20℃、最低気温が15℃くらいだそうです。20℃より下回ると現地の人は「今日寒い」と思うそう。そんな生活羨ましい!!昼間は寒いと感じることは少ないものの、夜や朝はパーカーなど、羽織ものの出番が多くありました。晴れていると子供たちは半袖半ズボンで充分で、暑い暑いと1月とは思えない発言を繰り返してました。Tシャツプラス厚手、薄手の上着で荷物を最小限にできると思います。

 

ホテル料金は??

今回3泊するのに沢山のホテルを見ましたが、「正月料金」というよりは「冬のオフシーズン料金」というイメージでした。ちなみに私は那覇で結婚式が予定されていたこともあって、今回はリゾートホテルには宿泊していません。那覇市内にあるビジネスホテルに宿泊しました。

 

西鉄リゾートイン那覇

大人2子供2の4人で3連泊、朝食付きで30000円でした。お正月なのに。国際通りまで10分弱、駅まで5分程と4歳児も歩ける距離で良かったです。駐車場代は1日1500円でした。リゾートホテルもよかったのですが、何より値段が1/3ですんだので冬はありかなと思います。

 

飛行機は?

こちらはしっかり正月料金でした。行きの飛行機が「空席3」帰りが「満席」と正月の沖縄人気を感じました。特に帰りの日は空港までの道で渋滞が。タクシーの運転手いわく、「正月の最終日が1年で1番混雑する。」そうです。ANA、JALは荷物を預けるまでに30分待ち!1時間前でもギリギリかもしれないです。余裕のある行動を心がけてください。

 

行ってよかった観光スポット

  • 沖縄ワールド

f:id:momo3782:20190124111444j:image

ここは那覇より南に位置しているので、他の観光スポットとは一緒に回りにくいのが難点ではありますが、1日遊べるので1日使うと考えてスケジュールを組んでも良いと思います。年中無休なのであえて予定に入れなくても空いた時間に行く事もできますね。

f:id:momo3782:20190125081938j:image

入園料の他に紅型工房、琉球ガラス王国工房、琉球写真館などの体験ブースがあり、それぞれ体験料金を支払って参加する。というシステム。私たちは玉泉洞と王国村のチケット、写真館と紅型のコースター作りをしました。

玉泉洞

f:id:momo3782:20190125090146j:image

 

ここは鍾乳洞が好きという旦那のリクエストだったんですが、小さい子供と一緒に行く場所ではありませんでした。というのも中はもちろん薄暗く、ジメジメとした空間。怖がりな娘たちはなんか出てくるかも…とかなり早足で歩き、こんなところイヤと怒ったり。なかなか出口が見えないものだから不安になって最終的には泣きだしてしまいました。すごいと思うには後15年くらいかかると感じました。

 

写真館

f:id:momo3782:20190125085907j:image

1人500円のコース(琉装に着替えて自分たちのカメラで写真を撮るもの)だったのですが、好きな服を選べる。すぐに着替えられるので待ち時間がない。という点で娘たちも機嫌良く体験できました。家族写真と娘たちだけの写真を撮影してもらえたのも嬉しかったです。

 

紅型工房

少し難しいかと思ったんですが、2歳でも参加できると言われたので記念にコースター体験しました。塗り絵のような感覚で行うのでわかりやすい。色を塗らない部分にはノリが付いているのではみ出しても大丈夫。とのことで大人も神経質にならずに見守ることができます。帰ってきてからノリを落とすので、家でのワクワクも味わえました。まだ最終洗濯が行えていないですが、こんな感じになりましたf:id:momo3782:20190125102911j:image

 

 

スーパーエイサー

f:id:momo3782:20190125090522j:image

(撮影禁止のためHPから)

沖縄伝統のエイサーを見ることができます。娘たちも迫力ある音に踊りに大満足です。ただ獅子舞だけはどうしても怖いみたいで1番前の席から私たちの席まで猛ダッシュ。そしてギャン泣きしておりました。その後にカチャーシーをみんなで!という時間があるのですが、獅子舞を引きずって自分の足では歩けず…だっこで踊っていました。

 

  • 沖縄料理 あんとん(居酒屋)

ここは三線のライブがある居酒屋なんですが、次女が歌って踊って…とノリノリでした。沖縄料理も美味しかったので、3泊のうち2日間夕食はここです。リゾート地の方にある『うら庭』という居酒屋にも行ってみたかったのですが、今回は那覇のホテルは絶対だったので、また次回リベンジしたいです。

 

  • 第一牧志公設市場

f:id:momo3782:20190125094526j:image

こんな感じで売っている魚や魚介類を購入します。左右前後で同じように売っているのでお目当ての食材だったり。値段交渉で購入場所を決めて下さい。

f:id:momo3782:20190125094550j:image

買った食材は2階にある食堂で調理して食べます。食堂には買ったもの以外にも沖縄料理があるのでその場で注文もできます。市場が苦手ではない方はぜひ行ってみてください。居酒屋で出てくる料理よりも美味しいです。

f:id:momo3782:20190125095221j:image

お菓子やおつまみ、ジュースなどのお土産も売ってます。国際通りでも同じものを売ってますが、試食を用意してくれたり、交渉したら少し安くしてくれたり、おまけをくれたりします。今回は「黒砂糖はタダでもいらない。」とおまけを断ったら「じゃあこれにしとくわ!」と肉味噌をくれました。市場らしい、ステキなところです。私は沖縄に来る時は必ず来ていると思います。

 

まとめ

始めての冬の沖縄でしたが、やはり少し物足りないというのが正直な感想。ですが、子供が小さいうちはマリンスポーツでできることもすくないので冬の安い時期に手足だけ海に入る。程度でも満喫できそうです。今回は結婚式がメインだったので那覇でしたが、ルネッサンスホテルのアクティビティなんかも面白そうなのが沢山あります。ぜひ行ってみたいと思います。

 

 子供が小さいうちの旅行は子供のコンディションが行動をかなり左右します。1日目のハイテンションはどこへ?と思うほど帰りは疲れていました。疲れていても泣いたり風邪をひいたりすることがなかったのが救いです。もともと予定を詰め込みたい私の性格もありますが、子供のペースをもう少し考えてあげないとダメかな…と飛行機の中で反省しました。