ジブンSTYLE

人生1度きりだからこそ満足できるものを

娘がインフルに。新薬ゾフルーザについて

こんにちはmomoです。

2、3週間前から流行り始めたと言われるインフルエンザ。我が家は日曜の夜に旦那がインフルエンザの診断を受け、昨日下の娘(2歳)がインフルエンザになりました。

そこでもらったシオノギ製薬のゾフルーザというお薬について、我が家の失敗談とともにまとめていきます。

 

 

新薬ゾフルーザって?

効果

インフルエンザ菌が体内で増殖するのを抑えてくれる働きをします。インフルエンザ菌が体内から減っていくが早いので、他の人に移すリスクも減るんだそう。タミフルが72時間で菌が体から消えるのに対し、ゾフルーザは24時間とかなり早いらしいです。

インフルエンザにかかった時に一番気をつけたいのは家族内感染ですよね。菌が増殖しないだけで少し心配は減るのかと思います。もちろん換気や手洗い、うがいは徹底して行う必要はあるかと思います。

 

副作用

タミフル同様、走り出す、飛び降りようとする、階段を駆け上がろうとする、変なことを言うなどの異常行動あるそうです。服薬してから2日間は目を離さないようにしてください。

 

対象年齢

このゾフルーザというお薬、服薬はたったの1回です。飲み忘れもないし、毎回嫌がられることもないんです。素晴らしい!!しかも年齢制限がないので、10kgあれば服薬できるんです。

f:id:momo3782:20190124082522j:image

私の娘は12kgなので1番上の薬を飲みました。本当に小さい薬で、足の小指の爪程度の大きさなんです。ありがたい。

ただ、妊娠中、授乳中の方への安全性はまだ確立していないそうなので、妊娠、授乳中の方は医師に伝えてください。

 

我が家の失敗談と子供への飲ませ方

我が家の失敗談

この薬、先程も言いましたがかなり小さいんです。薬の大好きな娘ならスッと飲んでくれると思ったのですが、それが間違いでした。人生で初めての錠剤ということを忘れていたのです。

いつものようにお茶で飲んだものの、うまく飲み込めなかったようで、少ししてから苦い辛いと薬を口から出しました。そこから娘と私の大乱闘。口に入れる、出すの繰り返し。6回ほど繰り返した後、最終手段!と柔らかくなった薬を潰してほっぺの裏に擦り付けたわけです。

そしたら体が受け付けられない!と嘔吐してしまいました。昼ごはんに必死で食べたチョコパンも含めて全て。(汚い話ですみません)こうなったら薬どころではない私。服を脱がせて体を拭いて床を拭いて…とひと通りの片付けをしました。そこでようやく「あ、薬」と病院に電話をしました。

 

ゾフルーザの服薬

ゾフルーザは複数回の投与についての安全性が確立していない薬なんです。少しでも摂取していた場合、2回目の投与となるのと安全が保障できない為、当たり前ですが病院でも1回しか処方してくれないんです。必ず飲める方法で服薬してください。娘も再度ゾフルーザの服薬ができない為、現在タミフルを服薬しております。

 

子供への飲ませ方

基本は水、ぬるま湯で飲ませますが、飲みにくいようであれば飲み合わせての良い

 

  • オレンジジュース
  • りんごジュース
  • ぶどうジュース
  • 薬用の補助ゼリー
  • アイスクリーム
  • ヨーグルト
  • プリン

 

と一緒に服薬することで我が家のような失敗は減ると思います。

 

最後に

f:id:momo3782:20190124093138j:image

このゾフルーザ、かなりお高めなんです。乳児医療に感謝です。(旦那の時は診療と薬で6000円でした)

まだ確立していないことも多くありますが、家での感染は以前より防げるかもしれないですね!まだまだ流行っていますので気をつけて生活しましょう。